1人での飲食(食事やカフェ)は経費になる?仕訳は?

abstract blur in coffee shop for background

1人で食べる食事やカフェは経費になるのか?

1人ご飯というとあまり仕事でのイメージがわきませんよね・・・。

ただ一人での飲食に関して仕事としての流れというのは必ずあるものだと思います・・・。
だからこそ、これは経費として計上できるのか・・・気になりますね。

ただ飲食をするだけ?? 仕事を兼ねての利用かどうか

おひとり様のレシートは経費になるのでしょうか?
また、どんな場合でもいいのでしょうか。
ここで大事なのは活用シーンと利用する理由があると尚いいですね。


  • 仕事での打ち合わせをそこで行ったが別々の支払いだった。
  • 作業できる環境だったので注文をして、仕事スペースとして利用した。

といったケースが考えられますが、
仕事での利用であれば注文しない方がおかしいですし、お酒を飲むといった事が明らかに仕事ではない限りは堂々と計上してもよいかと考えられます。
ネットカフェなんて静かだし、キーボードを打っても嫌がられないので仕事には結構向いてます。

認められないケース

お酒を飲んでたりすると本当に仕事?と思われなくもないですよね。

レシートの明細を見て、どう考えても仕事じゃないですよね?と思われると認められません。以下認められない内容


  • お酒を飲んでいる
  • 業務使用と関連がないと判断できる場合

といったことがあると難しいのではないかと考えられます。

ちゃんと明確に業務経費といえる場合は堂々と経費計上しよう。

面倒だからといってちゃんと目的があって購入する場合はきっちりと経費計上は行いましょう。
大事なことは収支が細かくつけられていること、その使用目的がハッキリしていることです。それを守っていれば、聞かれても誠実に返答できるでしょう。おひとり様であっても構いません。

経費として考えられるケース

  • お客様や取引先との打ち合わせ時で別々の支払いだった場合
  • 打ち合わせ前の席の確保のために早く入り、お店に嫌がられないように注文した
  • 仕事スペースとして活用できる場所だった場合

仕訳は?

仕訳は大体以下の内容になるかと思います。

仕事での使用:仕訳は(1500円 現金支払いの場合)

借方貸方
会議費 1500現金  1500
現金以外の利用の人はその科目を書いてください。

まとめ

いかがでしたか?
仕事としてしっかり活用するなら恐れず経費に入れちゃいましょう。
また、打合せ相手や時間などをレシートの裏や2022年以降は見える形でメモ、または帳簿の備考につけておいた方がいいでしょうね。

紙媒体のレシートが全て電子化する流れになってますので、そういった決まりにもしっかりついていけるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。